なつかしい作品の「未来」に賛否両論

「怪物という」の先駆的サイドとして有名な「ゴジラ」は、2004歳に公開された「ゴジラFINAL WARS」で、ひとつの一区切りがついたように思われます。だが、2016歳の披露をめざしたNEW演出が注目されてあり、そっちに関して賛否両論があります。

殊に、印象的なのは、「邦画は着ぐるみってミニチュアでしたほうが宜しい」との反応だ。「ゴジラ」が最初に登場した1954歳の品物は、「着ぐるみ」という「ミニチュア」を使っての写真だったと聞いています。そのため、「演ずる人間」はもちろんですが、「つくる人間」も大変な感情をしたという逸話があります。

ゴジラの「セールス」は、ミニチュア設置を無くすことですが、ひとたび御法度を出してしまい、新たに設置をつくって干すまで、約1カ月掛かったといわれています。また、100kgもあるゴジラに入って演ずるためには相当なスタミナが必要です。ただし、演じたアイドル様は、高い生き物の動きを観察するために、生き物園まで足を運んだそうです。

現在は、CGメソッドとして各種ことができる時代になりました。そのため、新規が如何なる流れになるのかが気になるところです。http://www.mismo-shop.com/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク